おうちあそびのヒント②

⭐️布袋の中に何か入れて「何が入っているでしょうか?」と言ってみる。→袋の上から触ったり、袋の中に手を入れて考えるでしょう。目に見えていない物を手の感触だけでそれが何かを当てることで知能の発達に良いでしょうね。

⭐️お子様が食べ物を口に入れる所を見ないようにして「何を食べたのかな?」と言い、食べた物を当てる。→噛む音を聞いてサラダに入っている野菜を当てると楽しいですね。「分からないなぁ〜。もう一回食べてみて。」と言ったりすると苦手な物も頑張って食べちゃうかも。

⭐️古新聞に所々切り込みを入れる。→ビリビリ破って遊ぶでしょう。テープでつなげたり、丸めてボールにしたりいろいろな遊びができそう。

⭐️新聞紙のかぶとを作る。→かぶってくれるかな?すぐに破れてしまうかもしれないので、ちょっとテープで補強するといいかもしれないですね。※新聞紙を正方形に切って作ります。まず三角に折ってから隣の形になるように折り進めて下さい。画像の赤い矢印の所は上下をひっくり返してくださいね。

⭐️破った古新聞をビニールに入れて、風船のようにする。→投げては取りに行ったり、親子でぽんぽんと打ち合ったりして楽しめるかな。ひもでつるしてうちわで打つのも楽しいでしょうね。

おうちあそびのヒント①

新型コロナウイルス感染症にともなう臨時休園が延長になり、5月末までおうちの中でどのようにお子様と過ごそうか・・・と考えてみえる保護者の方もみえるかと思います。日々の生活の中でも、ちょっとしたきっかけで楽しい遊びに発展することがあるかもしれませんよ!

⭐️洗濯物をたたむ時にハンカチなどをお子様の頭にかけてみる。→「いないいない ばぁ」と言って笑顔でハンカチを取るお子様の姿が見られるでしょう。

⭐️あれ?◯◯ちゃんいないなぁ」とお子様を探すそぶりをする。→ソファーやカーテンの後ろなどに隠れようとするでしょう。「あっちかな〜?こっちかな〜?」と探してから見つけてあげましょう。早く見つけてもらいたくて自分から飛び出して来るかもしれませんね。

⭐️好きなぬいぐるみや玩具を一部分だけ見えるようにして隠す。→宝さがしみたいですね。きっと見つけた後にお子様は全く同じ所に隠しに行きますよ。お家の方は分かっていても、「どこかな〜」と言ってキョロキョロしながら探してあげましょう。

⭐️簡単なお手伝いをしてもらう。→食事の準備では、ローテーブルをふいてもらったり割れないコップやお皿をテーブルに載せてもらったりする。または、レタスなどをちぎってもらう。(周囲が汚れることは覚悟しましょう^_^)

⭐️託児所ら・ら・らんどのホームページ内の写真や動画を見る。→喜んでくれるかな〜?

⭐️ユーチューブで『おうちあそび』と検索する。→楽しい遊びが見つかるかも!!

❤️休園中のお子様の様子や成長、おもしろエピソードなどを連絡ノートに書いてもらえると嬉しいです。楽しみにしていますね!

新型コロナウイルス感染症にともなう臨時休園の延長について

日頃は、託児所ら・ら・らんどにご理解ご協力いただきまして誠にありがとうございます。現在、全国に緊急事態宣言が発令されており、愛知県は特定警戒都道府県に指定されています。このような中、愛知県は感染状況を踏まえ、小中高校の臨時休校を5月末まで延長することになりました。託児所ら・ら・らんども5月末まで臨時休園とさせていただきます。「せんせい あいたい」「ほいくえん(ら・ら・らんど)いきたい」などと言ってくださるお子様もみえ、早く新型コロナウイルス感染症が収束することを願うばかりです。保護者の皆様にはご不便をお掛けしますが、ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルスにともなう臨時休園について

日頃は、託児所ら・ら・らんどにご理解ご協力いただきまして誠にありがとうございます。新型コロナウイルス感染拡大を受け、大切なお子様の安全を考慮し、4月13日から5月6日まで休園させていただきます。くれぐれも感染しないよう十分気をつけてお過ごし下さい。

新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルスの予防に努めるよう、愛知県庁より通達がありました。常に新しい情報に耳を傾け、罹患しないようにご家族全員で徹底した対応をお願い致します。ご家族やお子様が罹患したり濃厚接触者となった場合はお知らせいただき、登所をお控え下さい。また、感染予防のため、施設内に入る前には除菌ウェットティッシュで手を拭いていただくようお願い申し上げます。

[託児所ら・ら・らんどでは、ピュアクリン(次亜塩素酸)を専用加湿器に入れて噴霧したり、玩具の消毒に使用し感染症予防をしています。]

お誕生日パーティーごっこ

3歳のお誕生日を迎えた子が、お友達にハッピーバースデーの歌をうたってくれてお誕生日パーティーごっこが始まりました。
「○○ちゃん、おめでとう!パチパチパチ(拍手)」
自分がしてもらったように、お友達をお祝いしてあげたかったのですね。

真似をしたり、なりきったり、自分がした体験をあそびの中で再現したりするごっこあそび。お友達と共通のイメージを持って楽しみます。
子ども同士であそび、協調性や社会性などいろいろなことを学びながら育ちあっていく姿を見ると、保育士は感動してジーンと胸が熱くなります。